アンチエイジング

呼吸法で健康をつくる

一般に、健康法というと大抵の人は運動であったり食事であったりといったところに目を向けるかと思います。
ただ、それ以外にも健康法というジャンルに触れる動作や行動というものはあります。
そのひとつが呼吸法ですね。

呼吸というのは、私たちが日頃、間断なく行っている普通の呼吸の事です。
呼吸というのは、人が生きる上で必要不可欠な酸素などの空気を取り入れ、同時に体内で作られた余分な二酸化炭素などを吐き出すという、非常に重要な動作です。
ただ、意識的に行う事はほとんどなく、無意識で常に行っているものなので、これを健康法と言われても、あまりピンとこない人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはこの呼吸をどのようにするかという事が、健康に大きく関わってくるようです。
まず、呼吸をする場合、どういった器官を使うかというと、主に呼吸筋と呼ばれる筋肉を使用します。
その呼吸筋を並べてみましょう。
前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、内肋間筋、外肋間筋、内腹斜筋、外腹斜筋、胸鎖乳突筋、腹横筋、腹直筋、横隔膜…等となっています。
これだけの筋肉が、呼吸をするためには必要となっているのです。
つまり、呼吸の仕方次第では、これらの筋肉を一度に鍛える事ができるのです。

主に「腹式呼吸」と呼ばれる呼吸法が有名ですが、その他にも逆腹式呼吸、片鼻呼吸などがあります。
また、流派というものもあり、西野流呼吸法や調和道丹田呼吸法など、健康法として作られた呼吸法もあります。

呼吸ひとつをとっても、こんなに多くの筋肉をこんなにたくさんの方法で鍛えられるのです。