アンチエイジング

マクロビオティック

食を中心とした健康法の中には、かなり突き詰めた内容のものもあります。
その中のひとつが、マクロビオティックです。

このマクロビオティック、あまり聞きなれない言葉かと思います。
簡単に日本語に治せば、「長寿法」という意味です。
作ったのは日本人の桜井如一さんで、第二次世界大戦後に食事療法、あるいは食生活法として広められました。
同じような内容の健康法がヨーロッパでも普及しているなど、ワールドワイドな健康法となっています。
一般人の間ではその名前はあまり知られていませんが、内容的にはかなり普及していると言えるでしょう。

ではその肝心の内容ですが、かなり限定的な食事の仕方が説かれています。
主食となるのは玄米、雑穀、あるいは全粒粉といったものです。
これに組み合わせる食材は、野菜や豆類、海草などです。
有機農産物、自然農法によって作られた物が望ましいとされています。

砂糖は使用せず、甘味となる調味料には甘酒や米飴、メープルシロップなどが使われます。
うま味調味料は使わず、また煮干や鰹節などの魚のダシも使用しません。
ダシに使うのは昆布と椎茸です。

肉、タマゴ、乳製品は基本的に使用しないで、病気の際にもタマゴのみに留めます。
魚も基本的には使用せず、白身魚や小魚を少量食べる程度に留めます。
食品のアクは取り除かず、皮も可能な限り食べ、塩は天然塩を用い、季節の野菜や地元の産品などを食するのが好ましいと言われています。

つまるところ、マクロビオティックは菜食主義にかなり近い食生活という事ですね。