アンチエイジング

ピラティス・メソッド

近年、ヨガなどと共にエクササイズの一つとして人気を博しているピラティス・メソッドですが、健康法としても活用されています。
ピラティスは、元々第一次世界大戦におけるドイツの兵隊のリハビリの為に、ドイツ人の看護師ジョセフ・ピラティスが開発したものでした。
フィットネスプログラムとして、呼吸法を基礎とし、インナーマッスルの鍛錬を重点的に行えるようにと作られたプログラムです。

ただ、中身は決して屈強な兵隊達だけが可能なプログラムというわけではなく、誰でも行えるような運動です。
ピラティスの特徴は、ゴムバンドやボール、マットレスなどといった道具を使用する運動がある点で、単純に反復運動を繰り返すなどのものではなく、楽しんで鍛えられるプログラムになっている点にあります。
また、そのトレーニングの動きはとても緩やかで負荷を抑えめにしている事から、女性でも簡単に続けられ、近年、美容を目的としたエクササイズやダイエットプログラムに利用されているのです。

健康法としても、代謝が向上したり、姿勢がよくなったり、転倒をしにくくなったりするので、年配の方に特にオススメです。
高齢になってくると、なかなかインナーマッスルは鍛えられず、すぐ転倒して骨折したり、バランスを崩して腰を悪くしたりするケースが多くなります。
ピラティスを続けていると、ある程度の年齢に差し掛かってもそういった事が起こらなくなると言われているのです。
まさに健康法の鑑とも言えるプログラムです。