アンチエイジング

尿療法

健康法には、民間療法と呼ばれる各家庭にて行われているものがたくさんあります。
その多くは、科学的、医学的な立証はなく、迷信であるといわれていますが、中には実際に効果が出るものも多く、この現代社会においても、その民間療法は生き続けています。
おばあちゃんの知恵袋、などと呼ばれていますよね。

そんな民間療法のひとつに、尿療法があります。
尿療法というのは、尿を使った健康法です。
主に、飲尿法が一般的ですね。
要するに、自分の出した尿を飲むというものです。

かなりキワモノ的な感じはしますが、この飲尿法はかなり昔から言い伝えられている健康法です。
とはいえ、実際問題、尿というのは排泄物であり、それを飲む事で身体にメリットが生まれるかというと、かなり疑問ですね。
実際、尿の成分は水がほとんどで、その中にアンモニアや電解質が含まれているのみです。
科学的には、この尿を飲むという行為が健康に良いという事は立証されていません。

しかし、それを実践した人は健康である事が多いからこそ、こういった民間療法が言い伝えられている事も事実です。
もっとも、膀胱炎などをはじめとした泌尿器系の感染症を持っている場合、二次感染という状況が起こり得るので、回避しなくてはなりません。
数ある健康法の中にあって、かなり特殊とも言える健康法ですが、実際に行っている方は、高齢者を中心に結構いるそうです。

ちなみに、蜂に刺された時に尿をその場所に掛けると良いというのは、実際には迷信と言われています。
人間の尿のアンモニアでは蜂の毒は中和できないそうです。