アンチエイジング

ビタミン補給も健康法

ある意味健康法の根源と言っても良いのが、ビタミン補給です。
ビタミンは、人間の身体のマイナスとなる要素に対抗する抵抗力を養う効果を持っている他、人間の身体に重要な機能を正常に働かせる効果など、とにかく様々な面で活躍してくれる栄養素です。
これを補給しておかない事には、健康体は望めません。

食事によって摂取する方法もあれば、サプリメントや栄養剤、栄養ドリンクによって摂取する方法もありますし、日光浴や湯治などで摂取する方法もあります。
ここで注意すべき点は、ビタミンは決して一種ではなく、ひとつの野菜や栄養剤で全てのビタミンが摂取できるわけではないという事です。

ビタミンには、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、葉酸、ナイシアン(ニコチン酸)、パントテン酸、ビオチンと、実に13種類が存在します。
定義によってはもっと増える可能性もあるくらいです。
これらには、それぞれに働きがあります。

例えば最も有名なビタミンCは、抗酸化作用でガンや老化を防ぐ他、抵抗力を上げて風邪をはじめとした病気を防いだりもしてくれます。
また、ビタミンAは胃腸や気管支といった器官の粘膜を正常な状態に保ってくれる働きがあるので、胃に優しい成分となっています。

ビタミンB1は疲労回復や食欲増進によく、B2は肥満や糖尿病などの予防になるなど、同じビタミン、同じビタミンBでも全く異なる働きがあるのです。
同時に、それぞれに不足した場合の症状というのも異なります。
これらをしっかり摂取する事が、健康法となるのです。