アンチエイジング

早寝早起き

早起きは三文の得。
かなり有名な言葉ですが、元々の意味は少し違ったものだったとも言われています。
しかし今では、早起きすると良い事があるよ、という意味で使われるのが一般的です
これも、早起きする事、そして早寝して一定の睡眠時間を確保する事が健康に良いという事を教訓とするが為の言葉ですね。

ただこの早寝早起き、現代社会においてはかなり難しい事となってきています。
仕事自体、必ずしも朝9時から夕方5時までというわけにはいかない職業が増えていますが、その場合は致し方ないと言えます。
問題は、まだ学生の人たちが、早寝早起きができず、深夜まで起きているケースが多い点です。

しかも、小学生でも12時を回って起きている人が非常に多いというのが現状だったりします。
今は深夜でもコンビニが開いていたり、ファミレスが開いていたり、DVDやHDDに記録した動画を見たり、インターネットを閲覧したりと、娯楽に困る事がないのです。
むしろ、親の寝静まった時間の方が子供には遊びやすい環境なのかもしれません。

元々、子供の夜更かしが深刻な問題となってきたのは、テレビゲームの普及が原因と言われています。
今もこの構図は変わりませんが、インターネットをはじめとし、より深夜に遊べる娯楽が多様化していることから、なかなか早く寝るという習慣が付けにくくなっています。
テレビ番組も深夜に面白い放送をしている事が多いですし、今の環境だとなかなか早寝早起きは難しいかもしれません。

とはいえ、早寝早起きは健康法の基本です。
特に女性にとって、夜更かしや朝寝坊は肌荒れの要因となります。
しっかり健康法のひとつとして生活に組み込むべき課題なのです。